折りたたみ自転車 5製品でハンドル抜ける欠陥(毎日新聞)

懸賞 2010年 02月 20日 懸賞

 国民生活センターは17日、ハンドル支柱をレバー操作で固定するタイプの折りたたみ自転車5製品について、走行中にハンドルが抜ける危険性があると公表した。千葉県の男性が昨年9月、ハンドルが外れて転倒し右肩を骨折した事故があり、同タイプの製品をテストして構造的欠陥と判断した。

 5製品はスポーツタイプの折りたたみ自転車(26インチ)で、▽タイセー▽国際貿易関西▽阪和▽ビーズ−−の4社が販売。ハンドル支柱を最も下げた場合に差し込み先との接触面積が減り、繰り返し左右に回転すると、緩んで抜ける恐れがあった。レバーでなく工具で支柱を固定する方式の自転車であれば、外れる恐れはほとんどないという。

【関連ニュース】
国民生活センター:がん入院保険金不払いで約款改善求める
安心・安全ナビ:太陽光発電装置の訪問販売でトラブルが相次いでいます。
がん保険:手術前入院、保険金支払われず 約款あいまい

一般用医薬品販売制度のQ&Aを事務連絡―厚労省(医療介護CBニュース)
上野動物園にパンダが復活(産経新聞)
【党首討論】実母へのカネ無心疑惑「全くの作り話だ」と首相が改めて反論(産経新聞)
直接支払い、先送り検討=出産一時金で−長妻厚労相(時事通信)
教育現場の中立性は確保=川端文科相(時事通信)
[PR]

by o1lgzsqbhc | 2010-02-20 08:35

<< 原爆症東京訴訟、唯一敗訴した男...   取り調べ全面可視化の意向=地検... >>