議員報酬に成果主義、質問内容評価…熊本・五木村(読売新聞)

懸賞 2010年 02月 25日 懸賞

 熊本県五木村議会(定数10)は22日、全員協議会を開き、議員の月額報酬の2割を成果報酬とし、一般質問の内容などに応じて3ランクに分けて支給額を決めることで一致した。

 3月定例会に条例改正案を提出し、新年度からの導入を目指す。議会が議員報酬に成果主義を導入するのは全国でも珍しい。

 村議会によると、月額21万3000円の報酬のうち、8割(17万円)を基本給として毎月支給。2割は成果報酬とし、年度末に一括して支給する。

 議長が任命する評価委員(5人以内)が金額を決め、ランクに応じて〈1〉満額(12か月分51万6000円)〈2〉半額(25万8000円)〈3〉ゼロ――とする。評価への異議申し立ては受け付けないという。

 川辺川ダム計画の水没予定地を抱える同村は、鳩山政権のダム中止表明で今後の生活再建策が大きな課題。成果主義導入で積極的な姿勢を示そうと、議員提案で検討が始まった。

<詐欺容疑>偽パチンコ攻略情報で会員登録料詐取 5人逮捕(毎日新聞)
五輪スピード 窮地救うか二つのメダル…低迷続く冬季競技(毎日新聞)
<明治大>志願者数日本一に 早大のV12阻止(毎日新聞)
<不法残留>生体認証免れ入国 要人制度悪用 イラン人起訴(毎日新聞)
シティ日本支店元幹部、海外居住装い脱税(読売新聞)
[PR]

by o1lgzsqbhc | 2010-02-25 08:19

<< セクハラ、アカハラ十数人…成蹊...   <明治大>初の志願者数日本一に... >>