セクハラ、アカハラ十数人…成蹊大教授を懲戒免(読売新聞)

懸賞 2010年 02月 26日 懸賞

 成蹊大学(東京都武蔵野市)は24日、約3年にわたって女子学生ら十数人にセクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)などを繰り返していたとして、同大理工学部の50歳代の男性教授を懲戒免職にしたと発表した。

 処分は23日付。

 同大によると、男性教授は少なくとも2007年1月以降、日常的に女子学生や同僚の女性の体を服の上から触れるなどしていたほか、長時間にわたって学生をどなり続けるなど、指導の範囲を超えた行為を繰り返していた。

 同大は昨年12月、学生からの申し出を受けて調査を開始。教授は大筋で事実関係を認めているという。

日本最高6.45mのひな壇飾り 埼玉・鴻巣(産経新聞)
<指定暴力団>稲川会の角田会長が病死(毎日新聞)
新国会議員会館にコンビニや託児所 テークアウト・カフェも計画中(産経新聞)
両陛下、3月に京都へ 学会などご出席(産経新聞)
郵便不正公判、元係長「村木被告と話したことない」(読売新聞)
[PR]

by o1lgzsqbhc | 2010-02-26 11:31

<< 報酬詐取容疑で弁護士逮捕=国選...   議員報酬に成果主義、質問内容評... >>