拉致支援法改正案を可決=31日成立へ−参院委(時事通信)

懸賞 2010年 03月 28日 懸賞

 参院拉致問題特別委員会は26日午後、北朝鮮による拉致被害者への給付金の支給期間を5年間延長する拉致被害者支援法改正案を全会一致で可決した。31日の参院本会議で成立する見通し。
 同法案は2002年12月に成立。拉致被害者の日本永住が認められた後の05年4月から、同法に基づく給付金が5年間の期限付きで支給されているが、3月末でその期限が切れるため、被害者らが延長を求めていた。 

【関連ニュース】
【特集】緊迫!朝鮮半島〜金総書記、「余命は3年」〜
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕日本人拉致事件
〔写真特集〕若き日の金正日氏〜知られざる素顔〜
児童ポルノ担当を新設=検視、危機管理も体制強化

原爆資料館など視察=東ティモール大統領−広島(時事通信)
みんなの党、参院選で北口・明石市長に出馬打診(産経新聞)
生方氏が小沢氏に要望 「倫理委員会開催を」(産経新聞)
前田日明氏、国民新党から出馬も…外国人参政権反対で一致(スポーツ報知)
<掘り出しニュース>建築廃材使いサッカーボール(毎日新聞)
[PR]

by o1lgzsqbhc | 2010-03-28 02:48

<< エネルギー自給率70%目標(産...   首相動静(3月24日)(時事通信) >>