特別背任容疑で告発のNOVA元社長、不起訴(読売新聞)

懸賞 2010年 04月 07日 懸賞

 英会話学校「NOVA」(大阪市、破産手続き中)に約21億円の損害を与えたとして、破産管財人から特別背任容疑で告発された同社元社長・猿橋(さはし)望被告(58)(業務上横領罪で有罪判決を受け、控訴中)について、大阪地検特捜部は不起訴(嫌疑不十分)とした。3月31日付。

 猿橋被告は、自ら実質経営する通信事業会社から、不要なテレビ電話機を、NOVAに大量に仕入れさせて損害を与えたなどとして告発されたが、特捜部は猿橋被告に資金が渡っておらず、損害を与える目的もなかったと判断した。

2年連続の減少 09年度のゲーム市場規模(産経新聞)
「2人目擁立」方針を支持=民主・輿石氏(時事通信)
空自がメーカーに談合方法指南? 公取委が官製談合を認定(産経新聞)
CO2削減義務づけ、東京都が1300事業所に(読売新聞)
官邸報道室の金澤調査官が退職=9内閣見守る(時事通信)
[PR]

by o1lgzsqbhc | 2010-04-07 19:44

<< 入学式 元気いっぱい新1年生…...   マンション侵入、現金強奪 強盗... >>