首相、口蹄疫対策に「一定の問題あった」(読売新聞)

懸賞 2010年 05月 18日 懸賞

 鳩山首相は18日午前、宮崎県内で口蹄疫(こうていえき)の被害が拡大していることに関し、政府や宮崎県の対応に一定の問題があったとの認識を示した。

 首相公邸前で記者団が「政府、県の対応に問題はなかったか」と質問したのに対し、「一定の部分はあると思う」と答えた。

 首相は、「感染経路その他を十分に把握することは難しい病気だが、一番大事なことは、政府として万全を期し、これ以上感染を決して広げないことだ」と述べ、感染の拡大防止に全力を注ぐ考えを強調した。

 畜産農家に対する経済的支援について、「農家の方々に、経営のことはしっかり政府がやるという思いを理解をしてもらう」と述べた。

化学工場元所長ら書類送検=業務上過失致死容疑−4人死亡の爆発事故・大阪府警(時事通信)
「もんじゅ」驚くべき作業ミス 制御棒の操作方法知らなかった(J-CASTニュース)
“唯一無二”のチェロ、無事戻る 作家の藤谷治さん「安心した」(産経新聞)
将棋の加藤九段に野良猫への餌やり禁止命令(読売新聞)
普天間移設決着「5月末は変えない」 鳩山首相が強調(産経新聞)
[PR]

by o1lgzsqbhc | 2010-05-18 19:12

<< ビザ無断発給 日本総領事館元職...   尼崎の市営住宅に組事務所、組長... >>