鳩山首相一問一答「初心に戻る。頑張るしかない」(読売新聞)

懸賞 2010年 06月 03日 懸賞

 鳩山首相が31日夜、自らの進退に関し、首相官邸で記者団の質問に答えた内容は次の通り。

 ――民主党の小沢幹事長、輿石参院議員会長とはどういう話し合いをしたのか。

 厳しい局面だが、国家国民のために3人で力を合わせて頑張ろうと。その打ち合わせだ。

 ――首相の続投は確認されたのか。

 それは当然だ。

 ――報道各社の世論調査で支持率が2割を切り、首相は辞任すべきだとの回答も半数を超えた。

 ――厳しさはよく存じている。それだけに、ある意味で初心に戻る、そんな格好で頑張るしかない。常に国家国民、国民の皆さんの命を大切にする政治をしっかりと心の中に植え込んで頑張るということだ。

 ――民主党内から首相の自発的辞任を求める声が出ているが、続投の意思に変わりはないか。

 色々と私自身の事でご迷惑をかけていることは理解している。ただ、やはり国民のために働かせていただきたいと思っている。くどいようだが、初心に戻る。そのような思いで頑張るしかない。

 ――9月の民主党代表選に出馬するか。

 まだそこまでは考えている余裕はない。

夫婦別姓 今国会提出求め議員ら集会 (毎日新聞)
「私にとって偉大なる指導者」代表のワトソン容疑者を礼賛する被告 SS元船長第3回公判(産経新聞)
柔道女子高生、技あり 明石・強盗未遂 男の携帯番号聞き出す(産経新聞)
口蹄疫被害対策、約81億円補正予算案 宮崎県(産経新聞)
<御殿場女性遺体>殺人容疑で元夫を再逮捕(毎日新聞)
[PR]

by o1lgzsqbhc | 2010-06-03 17:32

<< <雑記帳>流しそうめん「全長2...   ビザ無断発給 日本総領事館元職... >>