「ゴキブリ退治して」増える要望相談110番(読売新聞)

懸賞 2010年 01月 15日 懸賞

 昨年1〜11月に全国の警察本部が受理した110番通報は前年同期より10万9235件増の825万4327件だったことが警察庁のまとめでわかった。

 内容別で最も増加したのは「要望苦情相談」で、「足が痛いので湿布を買ってきてほしい」など緊急とはほど遠い通報も多く含まれていた。同庁は「事件や事故の出動に影響しかねない」として、緊急でない場合は相談専用電話「#9110」を利用するよう呼びかけている。

 「要望苦情相談」は前年より7万6992件増加の96万8413件で、全体の11・7%を占めた。いずれも緊急性はなく、東京都内では「ゴキブリが出たので退治してほしい」「6歳の子どもが家で暴れ、困っている」などのほか、高齢者が「雨戸を開けてほしい」と求めたケースまであったという。

 通報内容別で最多だったのは「交通関係」の240万1018件。携帯電話の普及によって、通報のうち携帯電話などの移動電話からの通報は13万2140件増の529万7935件に上り、全体に占める割合は過去最高の64・2%だった。

通勤ラッシュ世界丸見え
u8dm9mziの日記ブログ管理ツール
p4wg80ldのブログ
何だけあれ
z98pjsnpのブログ
[PR]

by o1lgzsqbhc | 2010-01-15 05:31

<< 小沢氏関連先捜索、首相「コメン...   <関西広域連合>2府5県が基本... >>