小沢氏関連先捜索、首相「コメントする立場にない」(読売新聞)

懸賞 2010年 01月 16日 懸賞

 鳩山首相は13日夜、東京地検特捜部が民主党の小沢幹事長の資金管理団体事務所などの一斉捜索に乗り出したことについて、首相官邸で記者団に対し、「検察が判断してこういう行動をした。私から今、コメントする立場にない」と述べた。

 小沢氏から事情を聞く考えがあるかどうかについては、「その考えは持っていない。捜査中で資料はすべて提供している。検察が一番正確な情報を知りうる立場にあるので、正しい判断がなされると期待する」と述べるにとどめた。

 首相の元秘書の偽装献金事件での起訴に続き、小沢氏の事務所などにも強制捜査が及んだことに関しては、「政治資金はクリーンでなければならない。私の問題に関しては国民におわびしてきた。できる限りこういったことがないようにしていくのが、政治家の立場としてあり得べきことだ」と強調。「国会の中で議論すべきことがあれば、大いに議論するべきだ」と語った。同時に「国民はこういう中で政権交代を望んだ。一番大事なことは、国民の命を守る政治を、国民の期待に応えるように実現していくことだ」と述べ、政権運営に全力を挙げる考えを示した。

トキ、石川にも愛の巣…佐渡から引っ越し(読売新聞)
谷垣総裁、鳩山ツイッターを「ごまめの歯ぎしり」(スポーツ報知)
小沢氏の問題、言及せず=首相(時事通信)
【揺らぐ沖縄】名護市長選ルポ(上)市民二分「もううんざり」(産経新聞)
<普天間移設>沖縄知事「県外」明言 官房長官に要請(毎日新聞)
[PR]

by o1lgzsqbhc | 2010-01-16 14:18

<< 大茶盛 初釜に歓声 奈良・西大...   「ゴキブリ退治して」増える要望... >>