公明党、比例で候補者名の投票呼びかけへ方針転換(読売新聞)

懸賞 2010年 01月 30日 懸賞

 公明党は28日の中央幹事会で、今年夏の参院比例選で原則として党名での投票を呼びかける方針を撤回し、従来通り地域ごとに割り振った「重点候補」の名前での投票を認めることを決めた。

 地方組織の強い要望を受け、方針を転換した。

 井上幹事長が中央幹事会で「これまで『公明党』を前面に立ててきたが、各地域から重点候補を決めてほしいとの要望があり、検討を始めたい」と報告し、了承された。

 参院比例選は非拘束名簿式で行われており、党名、候補者名いずれでも投票できる。公明党は過去3回の参院選で候補者名での投票を呼びかけてきたが、今回は擁立が遅れたことなどから、党名投票を呼びかける方針を決めた。

 しかし、保守層を取り込むためには、候補者名による投票の方が有利だとして、九州地区が昨年末から地元出身の新人候補の名前での投票を呼びかける方針で活動を開始するなど、党内から反発が出ていた。

東京電力元社員ら逮捕=オリックスから融資名目−2億4000万詐取容疑・警視庁(時事通信)
小沢幹事長 土地所有権の確認書 作成日が偽造と分かる(毎日新聞)
銚子電鉄「デハ702」最後の旅 鉄道ファンら花道飾る(産経新聞)
車内に覚せい剤、起訴の男性に無罪判決(読売新聞)
省庁再編「1年2年でできない」=鳩山首相(時事通信)
[PR]

by o1lgzsqbhc | 2010-01-30 15:37

<< <大逆事件>管野スガの書簡見つ...   東電元社員らオリックスから2億... >>