<   2010年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

公明党、比例で候補者名の投票呼びかけへ方針転換(読売新聞)

懸賞 2010年 01月 30日 懸賞

 公明党は28日の中央幹事会で、今年夏の参院比例選で原則として党名での投票を呼びかける方針を撤回し、従来通り地域ごとに割り振った「重点候補」の名前での投票を認めることを決めた。

 地方組織の強い要望を受け、方針を転換した。

 井上幹事長が中央幹事会で「これまで『公明党』を前面に立ててきたが、各地域から重点候補を決めてほしいとの要望があり、検討を始めたい」と報告し、了承された。

 参院比例選は非拘束名簿式で行われており、党名、候補者名いずれでも投票できる。公明党は過去3回の参院選で候補者名での投票を呼びかけてきたが、今回は擁立が遅れたことなどから、党名投票を呼びかける方針を決めた。

 しかし、保守層を取り込むためには、候補者名による投票の方が有利だとして、九州地区が昨年末から地元出身の新人候補の名前での投票を呼びかける方針で活動を開始するなど、党内から反発が出ていた。

東京電力元社員ら逮捕=オリックスから融資名目−2億4000万詐取容疑・警視庁(時事通信)
小沢幹事長 土地所有権の確認書 作成日が偽造と分かる(毎日新聞)
銚子電鉄「デハ702」最後の旅 鉄道ファンら花道飾る(産経新聞)
車内に覚せい剤、起訴の男性に無罪判決(読売新聞)
省庁再編「1年2年でできない」=鳩山首相(時事通信)
[PR]

by o1lgzsqbhc | 2010-01-30 15:37

東電元社員らオリックスから2億4千万詐取容疑(読売新聞)

懸賞 2010年 01月 29日 懸賞

 リース大手の「オリックス」から融資を名目に約2億4000万円をだまし取ったとして、警視庁は22日、東京電力元社員の中田桂市(57)(東京都荒川区南千住3)、港区のコンサルティング会社「アクシー」社長松本一輝(51)(渋谷区広尾4)の両容疑者を詐欺などの疑いで逮捕したと発表した。

 逮捕したのはそれぞれ21日と22日。2人は「だましていません」などと容疑を否認しているという。

 発表によると、2人は2008年9月、アクシーと東京電力がコンサルタント契約を結んだとする偽の契約書などをオリックスの融資担当者に示したうえで、「東電から約4億円が入るので融資してほしい」などとうそを言って、契約書などを担保に額面約2億4000万円の小切手をだまし取った疑い。契約書には、偽造された東京電力代表取締役の印鑑が押されていた。

 同庁幹部によると、だまし取った金は松本容疑者の借金返済に充てられており、同庁は2人が同様の手口でほかの複数の会社から数億円を詐取したとみている。中田容疑者は08年7月に東電を定年退職したが、当時は、東電の第3セクター「東京熱供給」の支社長を務めており、オリックス側には東電の現役社員を名乗っていたという。

 東京電力は「元社員とはいえ逮捕されたことは遺憾。捜査に協力したい」とコメントした。

沖縄知事も「県外」表明を=稲嶺氏(時事通信)
小沢氏疑惑 閣僚反応 前原「事情聴取応諾は大変結構」(産経新聞)
「官房長官のマスコミ批判おかしい」自民・浜田氏(読売新聞)
<NHK>コールセンター担当者 視聴者に不適切な対応(毎日新聞)
東京電力元社員ら逮捕=オリックスから融資名目−2億4000万詐取容疑・警視庁(時事通信)
[PR]

by o1lgzsqbhc | 2010-01-29 03:39

「経済的補償に重心を」=犯罪被害「あすの会」10周年−東京(時事通信)

懸賞 2010年 01月 28日 懸賞

 犯罪被害者らでつくる「全国犯罪被害者の会」(あすの会)が23日に創立10周年を迎え、東京都千代田区で総会を開いた。代表幹事の岡村勲弁護士は「時効見直しの問題が解決すれば、被害者の経済補償問題に活動の重心を移したい」と語った。
 総会前の記念大会では、経済的被害回復に関するパネルディスカッションが行われ、ガソリンを掛けられて火を付けられ、大やけどを負った岡本真寿美さんと、元夫に息子を殺害された川本弥生さんが参加した。
 26回も手術を繰り返した岡本さんは加害者側から一切金銭を得られていないと言い、「何もしていないのに治療費まで支払わされるのか」と訴えた。川本さんは「親族間の犯罪だったため、犯罪被害者給付金を受け取れなかった。充実した補償制度にしてほしい」と話した。
 出席した加藤公一法務副大臣は、時効見直しについて「かなり思い切ったことも含め、国会会期末までに成立させたい。(時効が)進行中の事案についても議論しているが、小手先の改革ではないと理解していただきたい」などと述べた。 

【関連ニュース】
オウム新実被告の死刑確定へ=「実行者、重要な役割」
中国籍の女に死刑求刑=夫と替え玉3人殺害で検察側
土浦連続殺傷、死刑確定=金川被告、控訴取り下げで
夫と口論、灯油掛け火付ける=殺人未遂容疑で38歳妻逮捕
「解決のため語り継ぐ」=遺族が講演で訴え

雑記帳 店丸ごと“エコ” セブン−イレブンが最先端店舗(毎日新聞)
司馬遼太郎さんが愛した森再現、一般開放へ(読売新聞)
<津市長選>24日告示 新人・岡野氏と現職・松田氏立候補(毎日新聞)
トレーラー、商店に突っ込む…2年前も近くで(読売新聞)
自民党新綱領の骨子(産経新聞)
[PR]

by o1lgzsqbhc | 2010-01-28 04:20

<ハイチ大地震>自衛隊の医療援助隊が出発(毎日新聞)

懸賞 2010年 01月 26日 懸賞

 ハイチの大地震で、自衛隊の国際緊急医療援助隊が21日、成田空港からチャーター機で出発した。ハイチを支援する数少ないNGO「ハイチ友の会」(甲府市)代表で医師、小沢幸子さん(35)も24日、日本赤十字社の救援チームの一員としてハイチに向かう。

 援助隊は医官14人を含む約100人。現地で被災者の救援活動に当たる。隊長の白川誠・1等陸佐は出発前、「被災者の視線に立った真心のこもった支援をして、苦しんでいる人の役に立ちたい」と語った。

 小沢さんは現地語のクレオール語が話せて、地理にも詳しい。1カ月間滞在し、医療活動もする予定。大学在学中にハイチでボランティア活動をしたことをきっかけに95年に同会を設立した。小沢さんは「ハイチと出会ったから医師になった。テレビで血を流している人を見ながら、何もできないもどかしさを感じていました」と話している。【斎川瞳、沢田勇】

【関連ニュース】
ハイチ大地震:AMDA代表ら被災者支援に出発
ハイチ大地震:日本郵政、義援金送付無料に
ハイチ大地震:日本の専門料理店で募金 客から支援の声
ハイチ大地震:NGO「ハイチの会」ら募金活動 名古屋
日本ハイチ友好議連:支援方針を確認

<俳人協会賞>榎本さん「祭詩」、栗田さん「海光」に(毎日新聞)
「大声うるさい」81歳妻が89歳夫を刺殺未遂(読売新聞)
後鳥羽上皇造営の水無瀬離宮跡か 大阪・広瀬遺跡(産経新聞)
「反小沢」マグマ蓄積 世論調査に民主は動揺(産経新聞)
<陸山会土地購入>水谷建設「さらに千数百万円」小沢氏側に(毎日新聞)
[PR]

by o1lgzsqbhc | 2010-01-26 09:38

【風】「住みにくい世の中になった」(産経新聞)

懸賞 2010年 01月 25日 懸賞

 喫煙者の間でも、分煙に関する認識はかなり定着したようだ。非喫煙者に迷惑をかけないように、許された場所以外では吸わないというスタイルが、喫煙マナーの基本となっている。

 日本では、平成15年5月施行の健康増進法に、受動喫煙の防止が盛り込まれた。多数の人が利用する施設の管理者は「必要な措置を講ずるように努めなければならない」と定められ、都道府県知事らにあてた厚生労働省健康局長名の15年4月末の通知で、具体的方法として全面禁煙や分煙を採用するよう求めている。

 産業医科大学(北九州市)産業生態科学研究所の大和浩教授がまとめた調査によると、都道府県の庁舎内を禁煙にしている自治体は、15年5月からの佐賀をはじめ、21年3月末現在で17道府県。うち大阪府では、20年5月末から、敷地内での全面禁煙に踏み切った。

 大阪府では15年5月以降、分煙を行っていたが、橋下徹知事が20年3月に「税金をもらっている職員が(勤務時間中の庁舎外喫煙を)1日に何度もやっていては、府民の理解は得られない」と問題提起し、流れが一気に加速した。

 「最初のころは『せめて庁舎の外には灰皿を置いて』という職員もいました」と府企画厚生課。府では健康面への配慮に加え、職員が勤務時間中に屋外で何人も固まってたばこを吸っている姿が府民にどう映るかということも考慮し、押し通したという。「当初は来庁者の方からも『何で吸えへんの』という問い合わせがありましたが、最近ではほとんどなくなりました」

 同課によると、毎年夏の健康診断に合わせて行う喫煙率調査では男性職員で全面禁煙実施前の19年度が33・5%だったのに対し、21年度は28・2%に減った。「全面禁煙前に比べて減少幅は大きくなった。さらに職員の禁煙促進につながれば」と同課。

 ただ、たばこを吸う職員にとっては、非常につらい環境のよう。外出が許される昼休みの時間帯、近くの大阪城公園やコンビニ前などで“まとめ吸い”する職員もいて、府民に見とがめられることもあるという。

 ある喫煙者の職員が、あきらめ顔でつぶやいた。「時代の流れやからやむを得んけど、住みにくい世の中になりました」(U)

千葉大生殺害 前日、現場の部屋で1泊…関与認めた男供述(毎日新聞)
部分日食 日没直前に…東海以西で観測(毎日新聞)
名古屋市が住基ネット離脱へ=原口総務相に方針伝える−河村市長(時事通信)
小沢氏疑惑 閣僚反応 前原「事情聴取応諾は大変結構」(産経新聞)
「お騒がせ、率直に遺憾の意」党大会で首相(読売新聞)
[PR]

by o1lgzsqbhc | 2010-01-25 12:58

新型インフル 輸入ワクチン不要 46都道府県希望せず(産経新聞)

懸賞 2010年 01月 23日 懸賞

 新型インフルエンザの輸入ワクチンについて、厚生労働省は22日、山梨県を除く46都道府県が入荷を希望していないことを明らかにした。輸入ワクチンをめぐっては国の方針が当初の「2回接種」から「1回接種」に変更されたことから、「余る」と指摘されてきた。厚労省は余ったワクチンを備蓄する方針だが、使用期限が約半年と短いものもあり、一部の契約解除や途上国への寄付なども視野に入れ、在庫の有効利用を検討し始めた。

                   ◇

 厚労省はワクチンの輸入に向け、今月から全国の都道府県に対し、必要量を調査していた。

 その結果、現段階で入荷を希望したのは山梨県の200人分のみ。ほかの都道府県は入荷を希望しなかった。

 厚労省はグラクソ・スミスクライン社(英国)とノバルティス社(スイス)の2社から計9900万人分の輸入を予定している。今後、入荷希望が増えたとしても大量の在庫が生じることは必至だ。厚労省は「まだ国産の出荷が続いており見合わせた自治体が多いのではないか。今後は増える可能性もある」としているが、流行が下火になる中、接種希望者は減少しており、国産ワクチンですら余っているのが現状だ。

 こうした事態に、医療機関からは怒りの声も出始めている。東京都世田谷区の診療所「しまだクリニック」の島田知則院長は「こんなことになるなら、センター試験前に受験生に打ってあげられた」と憤る。同院では、11月ごろ受験生から接種希望が殺到したが、国が接種を認めた優先対象者でなかったため、すべて断っていたという。

 輸入ワクチンについては「副作用への不安が根強く、接種を希望する人は少ないだろう」と話し、今後も入荷するつもりはないという。

 都内のある総合病院では、国産ワクチンですら約1千人分が余った状態。「不足してパニックかと思えば、今度は余剰が出てしまった。最終的な負担は税金を払う国民と、医療現場に回ってくる。国はもっと計画的な危機管理をしてほしかった」と話している。

【関連記事】
インフル患者7週連続減少 厚労省は慎重姿勢
新型インフル 欧州でワクチン解約相次ぐ
イタリアでは新型インフルのワクチンのバーゲン
新型インフル 輸入ワクチンを承認 大量在庫の懸念も 
新型インフル 確認死者数が減少傾向に

<食中毒>餅つき会で園児ら154人 東京・杉並(毎日新聞)
<窃盗>給与900万円盗まれる 名古屋の飲食店(毎日新聞)
「貸付金」改めて主張=石川議員、再聴取に供述維持(時事通信)
首相と小沢氏を追及へ 産経・FNN合同世論調査(産経新聞)
大阪でコンビニ強盗相次ぐ(産経新聞)
[PR]

by o1lgzsqbhc | 2010-01-23 18:01

マクドナルド元店長代理の過労死認定=遺族補償不支給取り消す−東京地裁(時事通信)

懸賞 2010年 01月 23日 懸賞

 日本マクドナルドの元男性店長代理=当時(25)=が勤務中に急死したのは超過勤務が原因なのに、労働基準監督署が遺族補償給付を不支給としたのは不当として、遺族が処分の取り消しを求めた訴訟で、東京地裁は18日、過労死と認め、不支給処分を取り消した。
 渡辺弘裁判長は、職場はサービス残業が常態化しており、男性の心臓疾病が発症する前の時間外労働は月平均80時間を超えていたと指摘。疾病は業務と相当因果関係があると認めた。 

【関連ニュース】
エスプレッソでスタバ追撃=喫茶需要を開拓
「名ばかり女性店長」、過労死認定=マックで講習中倒れる
JTなど大手たばこ13社を提訴=4兆円超の医療費返還請求
「名ばかり管理職」に残業代=居酒屋チェーンの大庄
コーヒー無料サービス、全国で再開=マクドナルド

小沢氏側への裏献金 大久保被告自宅を捜索 石川議員は3度目聴取(産経新聞)
首相動静(1月12日)(時事通信)
<北沢防衛相>インド洋撤退命令 給油活動終了(毎日新聞)
英語リスニング198人再テスト…センター試験(読売新聞)
センター試験開始14分前に「解答始め!」(産経新聞)
[PR]

by o1lgzsqbhc | 2010-01-23 01:12

経団連会長、自民大会欠席へ=民主に遠慮? (時事通信)

懸賞 2010年 01月 22日 懸賞

 日本経団連の御手洗冨士夫会長が24日の自民党大会に欠席することが21日、分かった。経団連は同党と密接な関係にあるが、政権交代で民主党との関係構築が急務となっており、自民党内では「政権与党の民主党に遠慮したのではないか」との見方も出ている。
 経団連会長は例年、来賓として党大会に出席してあいさつしており、今回も出席する予定だった。関係者によると、経団連側から中国出張のため会長は欠席するとの連絡があったという。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
首相「小沢氏は同志」=メルマガでも擁護
小沢氏擁護で一体=「潔白信じる」、可視化でけん制
労使の信頼関係揺るがす=定昇見直しに反論

法制局長官を補佐人から除外=「政治家が答弁」−平野官房長官(時事通信)
同和団体かたり書籍購入強要、出版社員ら逮捕 岡山(産経新聞)
<火災>別府でアパートや民家26棟全焼 2人が不明(毎日新聞)
<日米外相会談>同盟深化協議を開始へ 普天間移設は平行線(毎日新聞)
<輿石参院議員会長>「政権公約実現、国民に対する使命」(毎日新聞)
[PR]

by o1lgzsqbhc | 2010-01-22 03:49

「党内一枚岩だから」小沢氏問題批判なし…首相(読売新聞)

懸賞 2010年 01月 21日 懸賞

 鳩山首相は18日夜、民主党の小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件に関し、党内から表だった批判が出ていないことについて「私どもは小沢幹事長を信頼している。その信頼の中で一枚岩になっている。だから、こういう状況の中でも冷静に対処しようじゃないか、真実をしっかり見つけようじゃないかという気持ちになっている。それに尽きる」と記者団に語った。

 その上で「必要に応じて小沢幹事長ご自身が判断して説明することを望む。今もその思いだ」と述べた。

現場マンションに指紋の男、再逮捕へ 南青山の飲食店従業員殺害(産経新聞)
<日米安保>調印50年 首相「普天間が試金石」(毎日新聞)
官僚答弁禁止法案を補正成立後に提出 民主が確認(産経新聞)
<訃報>斉城昌美<本名・坂万里子>さん55歳=作家(毎日新聞)
当時から居住1割 被災地中3アンケート 語り継ぎ、「学校」多く(産経新聞)
[PR]

by o1lgzsqbhc | 2010-01-21 11:26

将棋 久保が三間飛車 王将戦第1局(毎日新聞)

懸賞 2010年 01月 20日 懸賞

 羽生善治王将(39)の6連覇か、久保利明棋王(34)の奪取か。15日、徳島県鳴門市の大塚国際美術館で始まった第59期王将戦七番勝負の第1局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、大塚国際美術館、大塚国際ホールディングス協賛、徳島新聞社など後援)。「羽生マジック」と言われる勝負術を駆使する将棋界の第一人者と「さばきのアーティスト」と呼ばれる振り飛車の達人が対決する注目の開幕戦だ。

 舞台は昨年の第1局に続き、陶板複製技術を駆使してバチカン・システィーナ礼拝堂を原寸大で再現した「システィーナ・ホール」。対局は公開され、ミケランジェロの傑作「最後の審判」の前で両雄が向かい合う姿をファンが見守った。

 振り駒は「と」が4枚出て、久保の先手番と決まった。午前9時過ぎ、久保が7六歩と角筋を開けた。

 久保は得意の三間飛車を採用した。羽生は居飛車で6四歩〜6三銀と持久戦志向の構えを取った。【山村英樹】

【関連ニュース】
王将戦七番勝負第1局 羽生・久保戦の棋譜中継はこちら

アザラシひょっこり、旭山動物園に「流氷広場」(読売新聞)
魁皇に顕彰を検討 平野博文官房長官(産経新聞)
「厳粛に受け止め見守る」=石川議員逮捕で官房長官(時事通信)
<国交省>固定マニュアル作成など行政指導 フェリー座礁で(毎日新聞)
25歳巡査を懲戒免職=女子大生にわいせつ行為−埼玉県警(時事通信)
[PR]

by o1lgzsqbhc | 2010-01-20 15:37